信頼・安心を築くための情報発信、弁護士のためのホームページ制作サービス Benzo(ベンゾー)

Benzoとは?

信頼・安心を築くためのホームページへ

どんな依頼者でもたくさん集まってもらえればそれでいい?そんなの本意ではないはずですよね。

依頼者がたくさん集まってくれれば、確かに儲かるかもしれませんが、それが本当に弁護士の本意でしょうか?
とんでもない依頼者(相談者)とは、お付き合いしたくないということが本音だと思います。

では、弁護士の方々にとって最も得たいものは何でしょうか?
それは、

「相談してよかった・・・」というちゃんとした依頼者(相談者)からの信頼と安心の声ではないでしょうか。

その最初のキッカケ、ファーストコンタクトとなるのが、ホームページです。

日常、パソコンや携帯電話でインターネットを利用することがあたり前の世の中になりました。インターネットの登場により情報の格差が極端に狭まりました。

これまでは、いきなり相談予約から法律事務所に訪問し、弁護士と顔を合わせながら「この先生なら大丈夫かな?」「なんだか雰囲気がいいな。」など依頼者(相談者)は心で思いながら面談をしていたのがこれまでの形です。
この形であれば、その場で信頼できる、安心できる弁護士であることを感じていただけます。

しかしインターネットが情報収集の強力なツールとなった今、ファーストコンタクトであるホームページを見て判断する時代です。
ホームページで、信頼できるか安心できるかを判断するのです。

では、信頼できる、安心できるホームページとはどんなものでしょうか?キーワードは「情報発信」です。

一般の方々からすると、弁護士に対する心のバリアは非常に大きなものがあります。
それは、よくわからないがために怖く感じたり、接しにくいイメージを持っているためです。
その心のバリアを取り除くために、しっかりした器にしっかり「情報発信」を行うのです。

情報発信がちゃんとされていない場合解説図

情報発信がちゃんとされている場合解説図

ちょっと小話
 世間の人々が抱く弁護士のイメージって…

弁護士とは、なにかトラブルに見舞われたときに出会う職業の方です。
普段の生活を送るにあたり、弁護士の先生と出会うことはまずありません。よって一般の人々が抱く弁護士のイメージはテレビがもたらす影響が大きいと思われます。

がしかし、実際に自分が法的紛争に直面したときには、テレビのように客観的ではいられません。ましてや弁護士はテレビのイメージだけで、そのの仕事内容について、よく知らないと気付く人がほとんどでしょう。自分の困り事以上に、知らない不安がどんどん募るわけです。

そこで今は、(弁護士の先生方の中にもご経験ある方がいらっしゃると思われますが・・・)商品を買う前に商品比較サイトを見るように、まずインターネットで法律事務所や弁護士の先生を探す時代です。

依頼者(相談者)は、弁護士の先生や法律事務所のホームページを探し、そこに書かれている「弁護姿勢」、「得意分野」「依頼の手順」などを見て、何をやってくれるのがを知ることができます。
これらの情報を得ることによってようやく<敷居が高くないのだ>と、
依頼したときのイメージを持つことができるのです。

そしてホームページを見ることによって、自分の選択や判断が間違っていなかったことが、確認できれば、弁護士の先生に対する漠然とした大きな心理的不安は、ずいぶんと軽減されるのです。

そうすることにより、依頼者(相談者)は実際の行動が起こしやすくなる、というわけです。

そして、信頼感・安心感を持ってもらえるホームページは、その後ブランド化していきます。
単純に依頼者(相談者)を集めることが目的ではなく、良質な依頼者(相談者)と関係を築くためのそのブランド作りをお手伝いするのが、私達“Benzo”のサービスです。

Benzoサービスの考え方
Benzoサービスの考え方解説図

法律事務所・弁護士側から依頼者に対し、伝えたいメッセージ・弁護姿勢を明確にした情報発信を行うことによって、依頼者の質が自然と選別されます。

その結果、法律事務所務所・弁護士が求めている、理想とする依頼者からの相談が来るようになる、というのがブランド化です。

Benzo(ベンゾー)お申し込みについて

お申込み前のご相談は、「ご相談・お問い合わせ窓口」にて承っております。

Benzo(ベンゾー)お申込みの前に「サービス利用規約」をご一読ください。

お申込みページから、フォーム送信にてお申し込みください。